「衆院選三極化」の報道にネット上では「二極化では?」「三国志みたい」等カオスな反応が溢れる!

民進党の事実上の分裂及び枝野氏等の新党結成の動きを受けてか、東京新聞は今朝方

「衆院選 三極化 自・公VS希望・維新VS共・社・無所属」

という見出しで報道。

これに対し、ネット上では各者各様、カオスな反応がみられました。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017100190070649.html

 

三極化


希望の党代表小池百合子氏のリベラル排除発言を受け、民進党内の改憲及び安全保障関連法案に反対する面々が憤怒。

その中の一部は共産・社民との連携を模索。そんな動きに合わせてか、民進党の赤松広隆議員(69)は

「新しい政党をつくることも選択肢の一つとしないといけない」

と、リベラル系新党創設を示唆。

さらに共産・社民両党は、安保法制廃案などで意見の一致を見るならば、民進党に対し協力する事を惜しまないとの事。

一方希望の党は維新との協議で東京・大阪ですみ分けに合意。

これにて

自民・公明VS希望・維新VS共産・社民・無所属+(新党?)

の構図が完成しました。

 

ネットの反応

東京新聞や朝日新聞などが報じた三極化構造に対し、ネット上では様々な反応がみられました。

以下抜粋。

 

・勝ち馬の癒着の希望の党・維新

・三国志みたいだ。

・三極というよりは二極(自・公・希・維VS共・社・無)

・安倍と小池は裏で繋がっているので二極

・小沢が裏で絵を描いている

・希望はほぼ民進党、維新は自民側では?

 

民進党の混乱、そして維新が希望と協力等の諸事情により、明確な対立軸を把握できないまま、新聞同様ネット民も同じく混乱しているようです。

選挙戦が始まる10月10日まではあとわずか。

このままよくわからないうちに選挙戦がはじまり、よくわからないうちに議員の顔ぶれが決まっていた、そんな結果になりそうですね。